弁護士・警察官と闘う


  弁護士の苦情・不祥事が増えている
              
  • 弁護士の数が増えて仕事が減ったのも一因と見られる。毎年 1800~2000件で推移、各地の弁護士会も防止対策に躍起だ! 東京弁護士会も苦情やトラブルの多い弁護士の実態を調べるために副会長経験者ら3人でつくる調査チームを設置、今年からチーム数を3から4に増やして本格化した。
  • 弁護士は市民の信頼のもとに成り立っている。弁護士会は苦情の多い弁護士を仲間内でかばい合うのではなく、しっかり調査して厳しく対応していく意識が必要である。
  • 私は埼玉県弁護士会所属のN・I氏を懲戒請求をしている。職務怠慢、約束不履行、弁護士法違反等である。勝率100%──。
  • N・I弁護士は和解を求めてきた。以下は、I 弁護士が起こした不祥事の一部である。
  • 平成7年1月に業務停止処分1ヶ月。1981年にゴルフ場との癒着事件に絡み弾劾裁判に掛けられ、1982年2月に不訴追の決定が出た。1983年9月に埼玉県のスーパーで万引きをして警備員に取り押さえられ、警察に突き出された。同年9月 判事を依願退職。1993年3月 弁護士業務を開始した。

Such police are not necessary

  警察官の苦情・不祥事も増えている

  • 「訴えたのに何もしてくれなかった」「横柄で威圧的な態度」「何でこんな事件に長い時間と労力を費やすのか」など等、市民の反感を買うような苦情が圧倒的を占める。
  • 多くの警察官は「やる気、使命感、正義感」に燃えて職務に励んでいると思うが、表面に出てくる問題はこのような訴えが多いし、日常的にそう感じざるを得ない事態に遭遇してしまう!

 警察はほんとうに正義の味方か     詐欺師と闘う     逮捕しろよ

  • オイ
  • 警察は民事不介入を原則として「困難な民事事件に絡む刑事事件」を避けてきた。
  • 刑法には恐喝があり、脅迫があり、詐欺がある。民事にも詐欺があり、脅迫があり、恐喝がある。
  • 民事事件に絡む刑事事件は悪知恵のある詐欺師が起こし、善良な市民が被害に巻き込まれる。警察官はもっとやる気を出して意識を高めないと捜査意欲も信頼関係も失われてしまう。
  • 警察倫理の基本

清廉にして、堅実な生活態度を保持する
規律を厳正に保持し、相互の連帯を強める
人権を尊重、公正かつ親切に職務を執行する
警察官は誇りと使命感を持って国家と国民に奉仕する
人格を磨き、能力を高め、自己の充実に務める事が使命
                                  次回 田無警察特集

Whimsical Topix

羽生連覇 銀宇野とワンツー

平昌五輪第9日の17日、フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を達成した羽生結弦が、銀メダルの宇野昌磨、銅メダルのハビエル・フェルナンデス(スペイン)とともにメダリストによる記者会見に臨んだ。羽生は「こんなに幸せなことはない」と語り、今後については「もうちょっと滑ると思う」と現役続行の意思を示した。
怪我でなかなか滑ることができなかった。再び「五輪の舞台で滑れたことを幸せに思う。最終的にみなさんの前で笑顔で終わることができてよかった。それに尽きると思う」と終始笑顔に溢れた。
その夜、安倍首相は渋谷区富ケ谷の私邸から、祝電「日本人みんなが興奮して感動したと思うし、怪我を乗り越えてというのはまさに新しい伝説ができた」と讃えた。

02/17/2018

平昌 冬季オリンピック開幕

平昌五輪は、北朝鮮が核開発を進めるなど日本や韓国、米国との緊張感が高まる中、国際政治情勢も強く反映された中で始まる。開催国の韓国は北朝鮮と統一旗を掲げて「コリア」として入場。国家ぐるみのドーピングが認定されたロシアの選手は、「ロシアからの五輪選手」として個人資格で参加した。日本の安倍晋三首相は開会式への出席に先立ち、韓国の文在寅大統領と首脳会談を行い、慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な履行を求めた。政治問題に揺れる国での冬季大会に最多の92カ国・地域から2900人を超える選手が25日までの17日間で、7競技、史上最多の102種目が行われる。日本は、冬季五輪史上最多のスキー・ジャンプの葛西紀明が旗手を務める。主将となったスピードスケート女子の小平奈緒らは屋外の寒さを懸念して欠席。前回のソチ大会を上回り、海外開催の冬季五輪では最多となる124選手が参加した。

02/09/2018

杉原千畝が救った命のビザ

第二次世界大戦中「ナチス・ドイツ政権下」で迫害を受けていたユダヤ人6000人に亡命するためのビザを発給した外交官・杉原千畝氏。その際に救われたユダヤ人女性が感謝を込めて日本人に託した自らの顔写真の身元が判明した。女性はすでに亡くなっているが家族らが確認したという。
女性はポーランド生まれのソニア・リードさん。ナチスの迫害を逃れて日本に渡った当時は16、7歳で、写真の裏に「私を思い出してください。すてきな日本人へ」と書き残していた。
北出さんによると、ソニアさんはニューヨーク近郊で夫の板金工場経営を手伝っていた。日本にも2回旅行。生前、3人の子供には欧州からの逃避行について何も語らなかったが「日本人にはとても親切にしてもらった」と話していたという。

01/20/2018

慰安婦・謝罪碑書き換え

朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した故吉田清治氏が韓国に建てた謝罪碑を無断で書き換えたとして、公用物損傷罪などに問われた元自衛官、奥茂治被告(69)は16日、懲役6月、執行猶予2年の有罪判決を不服とした大田地裁天安支部の判決を不服として控訴した。昨年12月に即日結審した公判では、検察や弁護人と裁判官のやり取りの大半に加え、論告求刑や最終弁論も通訳されなかった。奥被告は「罪状を判断するのに重大な欠落がある」と主張している。
奥被告の出国禁止措置は、昨年6月に韓国警察の出頭要請に応じて入国してから200日間を超えているが、控訴を受け、さらに長期化する可能性がある。判決は、韓国中部、天安市の国立墓地が管理・使用する物件を損傷したとの判断を示したが、奥被告は「どのような過程で公用物となったのか、立証が不十分だ」と主張。検察は求刑で「被告は慰安婦問題を歪曲しようとした」と述べたが、奥被告は「歪曲する意思は全くなく、書き換えは公的施設が嘘の碑文を使い続け、国際的に韓国の信用が低下するのを防ぐ行為だ」と反論している。

01/16/2018

日経平均 今年最大の下げ

東京株式市場は3日連続下落した。日経平均は大引けで445円安で今年最大の下げ幅となった。前日の米株安の流れを引き継ぎ、朝方からハイテク株や市況関連株などに売りが先行した。トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都として公式に認める方針と伝わると中東情勢に対する警戒感が浮上して、後場にかけて先物主導で下げ幅が拡大した。一時500円超の下落となった。テクニカル上のサポートとみられた25日移動平均線(2万2513円)を割り込んだことで、短期筋の仕掛け的な先物売りも出て裁定解消売りを誘発したとみらる。東証1部上場の騰落数は値上がり「319銘柄」に対し、値下がりが「1677銘柄」変わらずが45銘柄だった。

12/06/2017

サウジの王族一斉逮捕

サウジアラビアが揺れている。11月4日、サウジアラビア政府は突然、11人の王族を含む約50人を汚職で逮捕したことを発表した。その後、拘束者は200人以上に膨れ上がり、収賄や横領などで不正に流用された金額は過去に遡って数十兆円に上るとみられる。逮捕者の中には、著名な投資家で富豪のアルワリード・ビン・タラル王子やアブドラ前国王の息子で後継候補の1人だったミテブ国家警備隊長らが含まれている。アルワリード王子は米金融大手シティグループのほか、米21世紀フォックスやツイッター社などの大株主でもある。今回の逮捕劇は、サルマン国王の息子で国防相などを務めるムハンマド皇太子の主導で行われたとみられる。逮捕の直前に、ムハンマド皇太子を長とする「反腐敗最高委員会」の創設が発表されていた。

11/05/2017

NY株──23.000㌦突破

米株式市場で18日、初めて23000台に乗せた。日本株への資金流入も続いている。20日、東京株式市場で日経平均株価が57年ぶりに14日連続で上昇した。世界景気が回復を強め、海外投資家が日本企業の業績拡大と株価の出遅れ感に着目して買いに入った。世界の株式市場で進む「グレートモデレーション」大いなる安定への安心感が株高を支える。「グレートモデレーション」とは…。「2000年代から2008年」に至るまでの間、株式や債券などの資産価格の変動幅が低下し、市場全体が安定した時期を指す。米連邦準備理事会のバーナンキ理事が04年にこのタイトルで講演したことで有名になった。

10/20/2017

イシグロ氏─ノーベル賞

2017年のノーベル文学賞は日本生まれの英国人作家カズオ・イシグロ氏授賞される。1954年、長崎県生まれ。5才の時、両親と渡英し、大学では英文学と哲学を、大学院で創作を学んだ。著作に「日の名残り・わたしを離さないで」等がある。授賞理由は「心を揺さぶる力を持った小説を通じ、私達が世界と繋がっているという偽りの感覚の下に深淵があることを明らかにした」82年に「遠い山なみの光」でデビュー。日本を舞台にした長編小説を相次いで発表をした。89年に「日の名残り」で、英国最高のブッカー賞を受賞した。作品の多くは邦訳され、発行部数は97万部。授賞式は12月10日ストックホルムで開く。賞金は1億2500万円。

10/05/2017

衆議院解散──.

安倍首相は、解散理由を「北朝鮮問題にある。戦後最大の安全保障上の危機に直面している」と明言した。政府高官も「米国は来年、北朝鮮に軍事行動をとる可能性がある」とTwitterで呟く。安倍首相はトランプ大統領と頻繁に電話会談を続けており、今やトランプ氏の考えを世界で最もよく知る外国首脳と言われる。一方、東京都の顔・小池百合子知事は国政政党「希望の党」を起ち上げ代表就任を表明した。安倍首相による衆院解散表明の直前に記者会見を設定し、首相との対決構図を印象付けた。記者会見の冒頭、6月12日上野動物園で誕生した赤ちゃんパンダ(メス)の名前がシャンシャン(香香)に決まったと発表して客寄せパンダに便乗した船出である。

09/25/2017

サイバ-危機──迫る

ネット空間を利用して政府機関やインフラの機能を麻痺させる「サイバー攻撃」の危機が迫りつつある。ウクライナで頻発するサイバー攻撃による被害は電力供給の停止にまで及び、ロシアによる軍事侵攻と並行して引き起こされている。ミサイル・核実験を繰り返す北朝鮮の脅威に直面する日本にとっても対岸の火事ではない。サイバー攻撃は「個人情報を闇社会で売りさばく金銭目的からインフラをダウンさせて国家機密を麻痺させる軍事攻撃」と同じような効果を担う手段になった。日米韓を威嚇する北朝鮮がミサイルを使うなら、サイバー攻撃を絡めることはそう難しくはない。今にも暴発をしかねない北朝鮮と対峙する日本に新たな脅威がのしかかる。

09/22/2017
› 続きを読む