てるみくらぶ 詐欺事件

昨年3月に経営破綻した旅行会社「てるみくらぶ」による融資詐欺事件で、別の銀行からも融資名目で現金約1億5千万円を騙し取った疑いが強まったとして、警視庁捜査2課が詐欺容疑で社長の山田千賀子被告(67)を近く再逮捕する方針を固めた。山田被告の逮捕は3回目。捜査関係者によると、山田被告は利益を水増しした偽造の決算書などを作成して銀行に示し、融資名目で現金1億5千万円をだまし取った疑いがあるという。
山田被告は同様の手口で三井住友銀行から現金計約4億円をだまし取ったとして捜査2課に逮捕され、その後、起訴された。同社の経営破綻で、海外旅行先で宿泊施設を利用できなくなったり、帰国できなくなるなど8万〜9万人に影響が出たとされている。