反撃 ――.

自分の嘘を自分で信じる才能。本物の詐欺師の証である。
飯塚正の話は身内の借金から始まる。叔母「宮田順子の借金を払います!」貸主、鈴木竹子に借用書を書いて信用させた。初回、現金を用意して信頼を得る。同時にその中から数万円借りて2、3日後に返済する。これを繰り返して正常な脳を破壊してしう。気がつくと返済額より貸出額の方が多く、完璧に飯塚の罠に堕ちてしまった。

平成14年6月、飯塚は「日本生命保険会社」の株券を持って来て担保に預けた。1株500円x50、000株。「1年後には10倍の5,000万円になる」と説明した。7月12日、同社総務に確認すると偽物である事が分かった。飯塚に問うと、臆面もなく「私も騙された!調べてみる」と持ち去り証拠隠滅を図った。

叔父「岩佐ゆきお」も960万円借りていた。毎月10万円の返済は1回払っただけである。平成14年から、一族に騙された総額は2億8千万円を超える。預貯金は瞬く間に底を突いた。退職金も貸し、年金と保険は銀行から融資を受けて貸した。億ションも2戸売却、子供の資産まで持って行かれた。家族は崩壊!竹子は80才にして財産、信用、健康の全てを失ってしまった。