テレ朝社員がセクハラ被害

テレビ朝日は19日深夜、記者会見を開き、福田次官を取材した女性社員がセクハラの被害を受けたと発表した。女性社員は次官とのやりとりを録音していた。篠塚浩取締役報道局長は「社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えている」とし、近く財務省に正式に抗議するという。女性社員は1年半ほど前から数回、次官と取材目的で会食。その度にセクハラ発言があった為、会話を録音していた。女性社員は「セクハラ事実を報道すべきだ」と上司に相談したが、難しいと言われたので週刊新潮に連絡、取材を受けて録音の一部も提供したという。篠塚局長は「社員からセクハラ情報があったにもかからず、適切な対応ができなかった事に深く反省しております。又、当社社員が取材活動で得た情報を第三者に渡した事は報道機関として不適切な行為であり、遺憾に思っています」と述べた。