人を騙すのは もうやめろ!

小雨の降る7月15日、中国人投資家約100人が日比谷公園から東京地裁正門前で「山本一郎カネを返せ!」と声を張り上げデモ行進した。

山本一郎とは、1995年「未常識経済理論」を実践するKKC(経済革命倶楽部)を主宰、約1万2000人の投資家から350億円を集め、詐欺罪で起訴された人物である。

懲役8年の実刑判決を受けて服役。出所後、再起を図って、「競球」というカジノ事業を考案、競球ホールディングスを起ち上げて会員募集を始めた。これまでに約1万人の会員から100億円を集めたという。会員は、競球を始めとする山本氏の事業より支払われる金利である。

高ければ、月に20%にも達するという。普通に考えれば、不特定多数から高利でカネを集めれば出資法違反だが、山本氏の理屈は、「会員から借金しており、金利ではなく高額の謝礼だ」という。

呼称はともかく、「104万円預けたら9ヵ月後に180万円」「456万円預けたら9ヵ月後に900万円」という利回りの高さと毎月、均等に元利が支払われる条件の良さに会員が口コミで広がっていった。

日本代表に世界が感動 ღ

ワールドカップ・ロシア大会決勝トーナメント1回戦で、ベルギーに敗れた日本代表のロッカールームでの振る舞いに世界から称賛の声が集まっている。

試合後、日本代表が使用したロッカールームの写真をTwitterに投稿したのは、FIFAのジェネラルディレクターを務めるプリシラ・ジェンセンズ氏。投稿によると、この写真が撮影されたのはベルギー戦を終えた直後だという。

写真で見る限り、ロッカールームはきれいに掃除され、美しい状態に保たれている。さらに、入り口側の棚の上にはロシア語で「スパシーバ(ありがとう)」のメッセージが書かれた紙も残されていた。プリシラ氏は「サポーターもスタジアムでゴミ拾いをした。

すべてのチームにとって模範となります!」などのコメントに投稿した。この投稿に対しては、返信やリツイートなどで、世界各国から「ありがとうのメッセージは桁違いだ」「arigato」「真の勝者がいた」などの声が寄せられていた。