東名あおり運転公判第6回

検察側は懲役23年を求刑・判決は14日

神奈川県内の東名高速であおり運転により停車させられた車がトラックに追突されて夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)福岡県中間市の裁判員裁判の第6回公判が10日、横浜地裁深沢茂之裁判長で開かれ、被害者の遺族が意見陳述し厳罰を求めた。

事故で死亡した静岡市清水区の萩山嘉久さん(45)と妻友香さん(39)の2人。この日の公判で、嘉久さんの母文子さんは「悲しみは一言で表せない。家族が味わった苦しみの何倍もの苦しみを味わってほしい」と陳述。友香さんの父は被告に反省の色が見えないとして「夫婦は娘の成長を楽しみにしていたので、無念だったと思う。2人の命に見合うだけの刑罰を求めたい」と述べた。

長女(17)の意見陳述も代読された。その中で長女は「一番の被害者は父母なので、許していいのかわからない。それを考えると厳罰にしてほしい」としている。

検察側によると、昨年6月5日夜、夫婦と長女(17)次女(13)の4人が乗る車が神奈川県中井町の東名下り線中井PAを出る際、被告の車が車道に停車していたため、後部席から嘉久さんが注意すると、被告は、友香さんが運転する車の前に割り込んでは減速する妨害運転を繰り返し、PAから約1・5キロ先の同県大井町の高速道路上に一家の車を停車させたとされる。そこに後続のトラックが衝突して夫婦が死亡、娘2人もけがをした。