トランプ氏─国連で演説

トランプ大統領は19日、国連総会で北朝鮮情勢について「米国と同盟国を守ることを迫られれば、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択はない」と強く警告した。北朝鮮が敵対的な姿勢をやめるまで国際社会が団結して圧力を加える必要があると主張、更に北朝鮮に拉致されている横田めぐみさんを念頭に「13歳の日本人少女を拉致した」と非難した。金正恩氏率いる北朝鮮の体制を「向こう見ずで下劣だ」と評し、同国が進める核・ミサイル開発を「世界全体に脅威を与えている」と激しく糾弾した。正恩氏を「ロケットマン」と呼び、「自殺行為をしている」と指摘した。

トランプ氏─国連で演説」への1件のフィードバック

  1. トランプ氏の国連の演説で、拉致被害者の家族からは「大きな意味がある。被害者帰国という結果につながることを期待する」と発言を歓迎した。横田めぐみさん(52)の母、早起江さん(81)は、「本当に驚いた。国際社会で大きな危機のうねりが起きる中、トランプ大統領が拉致問題にも思いを寄せ、発言してくださったことは大きな意味がある」と力を込めた..。✮

コメントを残す