ブラジルのトランプ大統領

南米ブラジルで028日、現職テメル氏の任期満了に伴う大統領選の決選投票が行われ即日開票の結果、極右で社会自由党のジャイル・ボルソナロ下院議員(63)が、左派で労働党のフェルナンド・アダジ元教育相(55)を破り、初当選を決めた。

任期は2019年1月から4年間。選管当局の集計(開票率99・83%)によると、ボルソナロ氏の得票率は55・16%、アダジ氏は44・84%だった。ボルソナロ氏は28日夜、リオデジャネイロで勝利宣言し、「憲法と民主主義、自由を守る。これは約束であり、神への誓いだ」と述べた。

過激な発言で「ブラジルのトランプ」と呼ばれる元軍人のボルソナロ氏は、軍事政権への称賛や社会的少数者を見下す発言を繰り返したが、経済の低迷や汚職の横行、治安悪化などに対する有権者の不満の高まりを背景に、中間層や富裕層などに支持を広げた。

ブラジルのトランプ大統領」への1件のフィードバック

コメントを残す