日産自動車 ゴーン会長逮捕 

日産自動車の代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が報酬を約50億円過少に申告したとして、金融商品取引法違反容疑で逮捕された事件で、東京地検特捜部が法人としての日産を立件する方向で検討していることがわかった。有価証券報告書への虚偽記載が長期にわたって続いていたとして、特捜部は法人の責任も重視。法人も罰する「両罰規定」の適用に向けて捜査を進める。

特捜部の捜査に協力する見返りに刑事処分を軽くしてもらう司法取引に合意した部下は、執行役員を含む複数の幹部らと判明。虚偽記載は、代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)がこの執行役員らに指示していたという。

ゴーン会長はケリー代表取締役と共謀し、2010~14年度55年度分の有価証券報告書に、実際はゴーン会長の報酬が計約99億9800万円だったにもかかわらず、計約49億8700万円と過少に記載したとして逮捕された。

金融商品取引法は、有価証券報告書の重要事項について嘘の記載をした場合、10年以下の懲役か1000万円以下の罰金を科すと定めている。更に社員が業務に関して違法行為をした場合、事業主体の法人も罰する両罰規定があり、法人には7億円以下の罰金を科すとしている。

今回の逮捕容疑について特捜部は、経営トップであるゴーン会長の虚偽記載が5年間と長期にわたり、約50億円と巨額にのぼる点を重くみて、法人の責任も免れないと判断し、立件を検討するものとみられる。

 

日産自動車 ゴーン会長逮捕 」への4件のフィードバック

  1. 前妻が週刊文春に告発していた!

    中東の地へ向かった週刊文春記者に、前妻リタさんはゴーン氏と離婚するまでの経緯と、壮絶なDV体験を告白した。

    リタさんによれば、ゴーン氏に決定的な不信感を抱いたのは2010年1月、ITが苦手なゴーン氏にかわって夫のパソコンを操作していたリタさんが複数の女性とのメールを見つけたことが発端だった。

    また、ゴーン氏と口論になった際には、「いつでもお前を滅ぼすことができる」とゴーン氏に首を絞められたというDV被害も語った。

    ゴーン氏の弁護士に事実関係の確認を求めたところ、「彼女は精神的に不安定でどんな作り話でも平気でするのです」と回答、今回の逮捕劇を含め、ゴーン氏の行状の真実はどこにあるのだろう──。

    リタさんへのDVの詳細、ゴーン氏の重婚疑惑など、「週刊文春」が報じた内容全文は、「 『夫カルロス・ゴーンは私の首を締めた』リタ前夫人激白4時間 」にて公開している。

  2. マクロン氏指示への日産の警戒心が逮捕の伏線と分析

    日産自動車のゴーン前会長が逮捕された事件について、ロイター通信は、28日、フランスのマクロン大統領が経済相だったときにルノーでの政府の議決権を引き上げたことが日産側の警戒心を高め、今回の事態を招いたという分析している。

    マクロン大統領は経済相だった2015年4月、フランス政府のルノーでの議決権を2倍に引き上げるために持ち株比率を上げるよう唐突に指示を出し、日産側でフランス政府の関与が強まることへの警戒心が高まる結果になったとしている。

    フランス政府のこうした動きをめぐっては、フランス政府と日産の西川廣人社長らの意見が8か月にわたって対立したということです。

    ロイター通信は、西川社長が当時、ルノーの取締役会に宛てて「日産とルノーの提携の基礎であるルノーの自主性が大きな影響を受ける」と懸念を伝えた書簡を入手したと伝えている。

    結局、マクロン氏が出した指示に対する日産側の警戒心が今回のゴーン前会長逮捕の伏線になったとして「マクロン大統領がまいた種ともいえる」と分析──。

  3. 東京地検特捜部、ゴーン容疑者と日産など起訴!

    日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者の役員報酬を巡る虚偽記載事件で、東京地検特捜部は10日、ゴーン容疑者を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で起訴した。

    同社前代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)と法人としての日産も同法違反で起訴した。

    ゴーン容疑者はケリー容疑者と共謀し、11年3月期~15年3月期の自らの役員報酬が計約100億円だったのに、計約50億円と有価証券報告書に過少に記載した疑いがあるとして、11月19日に特捜部に逮捕されていた。

    両容疑者は特捜部のこれまでの調べに対し、「報酬の支払いは確定しておらず、報告書への記載義務はなかった」などと容疑を否認している。

  4. 前妻リタさん証言――

    「おカネに関しては、カルロスは正しいことをしたことがありません。高額な所得を隠すために、色々なことをしていた。今回の逮捕は、彼のような人間には当然の結果だと思います。彼の弁護士から『俺は(税金などについて)魔法を使える』と自慢されたこともある。カルロスはお金に関する感覚がおかしい。私はレストランを経営していたことがありましたが、『5ドル稼ぐために人に尽くすなんて』とバカにされたこともありました。日本での逮捕を機に、フランスでも何か出てくるでしょう。あの国は税や所得関連の不正を探すのが得意だから」――

    東京地検特捜部に金融商品取引法違反で逮捕された日産自動車会長兼仏ルノーCEOのカルロス・ゴーン容疑者(64)の前妻だ!

コメントを残す