杉原千畝が救った命のビザ

第二次世界大戦中「ナチス・ドイツ政権下」で迫害を受けていたユダヤ人6000人に亡命するためのビザを発給した外交官・杉原千畝氏。その際に救われたユダヤ人女性が感謝を込めて日本人に託した自らの顔写真の身元が判明した。女性はすでに亡くなっているが家族らが確認したという。
女性はポーランド生まれのソニア・リードさん。ナチスの迫害を逃れて日本に渡った当時は16、7歳で、写真の裏に「私を思い出してください。すてきな日本人へ」と書き残していた。
北出さんによると、ソニアさんはニューヨーク近郊で夫の板金工場経営を手伝っていた。日本にも2回旅行。生前、3人の子供には欧州からの逃避行について何も語らなかったが「日本人にはとても親切にしてもらった」と話していたという。

コメントを残す