李元韓国大統領 懲役20年

韓国の李明博元大統領(76)が在職中に多額の賄賂を受け取ったとして収賄罪などに問われている裁判の論告求刑公判が6日、ソウル中央地裁であり、検察側は懲役20年、罰金150億ウォン(約15億円)を求刑した。地検によると、李被告は大統領在任中の2008~11年、情報機関の国家情報院(国情院)の「特殊活動費」から6億ウォン(約6000万円)を上回る裏金を受け取ったとされる。

又、実質的に所有する自動車部品会社ダースの巨額の訴訟費用をサムスン電子に肩代わりさせ、見返りにサムスン電子会長に恩赦を与えた疑い。さらにダースの資金を政治活動に流用、横領したとされる。
1995年の全斗煥、盧泰愚両氏の逮捕に続き、朴槿恵、李明博という2人の大統領経験者が同時に拘置所に収容される韓国の歴史が繰り返された。

李元韓国大統領 懲役20年」への1件のフィードバック

  1. 李 明博1941年12月19日は、日本の大阪府大阪市平野区出身の韓国の政治家。第17代大統領、ソウル特別市長を任。友好的であろうと、大統領任期が末期に近づくにつれて、その出身政党にかかわりなく決まって反日強硬姿勢へと変わってる。李明博元大統領を逮捕 韓国検察、朴槿恵被告に続き4人目 ღ

コメントを残す