米朝首脳会談・シンガポール

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の首脳会談で、両首脳は12日午後、会談の成果をまとめた合意文書に署名した。米朝首脳会談は史上初めて。署名式でトランプ氏は「包括的な文書だ」と発言。金委員長は「新しい出発のために署名する。世界は大きな影響を受けるだろう」と語った。
米国が求める北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」と、北朝鮮が要求する米国による体制保証で、どこまで合意できるかが焦点。日本人拉致問題も議題となった模様で、朝鮮半島を巡る情勢は大きな転換点を迎えた。休戦状態にある朝鮮戦争(1950~53年)の終結についても協議したとみられる。

 

米朝首脳会談・シンガポール」への1件のフィードバック

  1. 米朝首脳会談は以下の通り

    トランプ大統領は、本当に素晴らしい気分だ。我々は素晴らしい話し合いをして、大成功を収めると思う。光栄なことだ。本当に成功すると思うし、我々は素晴らしい関係を築くだろう。間違いない。

    金正恩委員長は、ここまでは簡単な道のりではなかった。我々の足を引っ張った過去があった。偏見と誤った慣行が時に目と耳をふさいできたが、すべてを克服してここまで来た。
    トランプ大統領 その通りだ。どうもありがとう。どうもありがとう。

コメントを残す