高木美帆の報奨金──。

今日、高木菜那が金。カーリング女子が銅を獲得して日本のメダル獲得は13個と史上最多記録を塗り替えた。日本オリンピック委員会はメダルの色に応じて報奨金を出している。パシュートで優勝した高木美帆(23)は日本スケート連盟を合わせて1600万円をゲットした。JOCの報奨金制度は、1992年のアルベールビル冬季五輪からスタート。当時は金300万円、銀200万円、銅100万円だった。16年のリオ五輪から金は200万円アップして、団体競技はそれぞれに支給される。このほかにも、各競技の連盟は独自で報奨金を設定している。スケート連盟はJOCに準ずることから、高木美の場合、「(500+200+100)×2」で1600万円。姉の菜那も1000万円ゲットで姉妹あわせて2600万円となる。

高木美帆の報奨金──。」への1件のフィードバック

  1. 一般企業に所属している場合は、企業報奨金が加わる。04年のアテネ五輪金で、柔道の谷亮子さん(42)がトヨタ自動車から1億円。12年ロンドンでは、卓球女子の団体銀の石川佳純(24)が全農から、100万円と米1トンを贈られた。今五輪でも、スノーボード女子パラレル大回転の竹内智香(34)には、契約するドームの安田秀一会長が「金メダルで3333万円」を約束している。姉・菜那の所属する日本電産サンキョーも報奨金を検討している。

コメントを残す