テレ朝社員がセクハラ被害

テレビ朝日は19日深夜、記者会見を開き、福田次官を取材した女性社員がセクハラの被害を受けたと発表した。女性社員は次官とのやりとりを録音していた。篠塚浩取締役報道局長は「社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えている」とし、近く財務省に正式に抗議するという。女性社員は1年半ほど前から数回、次官と取材目的で会食。その度にセクハラ発言があった為、会話を録音していた。女性社員は「セクハラ事実を報道すべきだ」と上司に相談したが、難しいと言われたので週刊新潮に連絡、取材を受けて録音の一部も提供したという。篠塚局長は「社員からセクハラ情報があったにもかからず、適切な対応ができなかった事に深く反省しております。又、当社社員が取材活動で得た情報を第三者に渡した事は報道機関として不適切な行為であり、遺憾に思っています」と述べた。

テレ朝社員がセクハラ被害」への2件のフィードバック

  1. 週刊新潮に報じられた財務省の福田事務次官は18日、一転して辞意を表明した。
    同日、記者会見した福田事務次官は週刊新潮に報道された内容については「事実と異なるものと考えており、裁判の中で争ってまいりたい」と身の潔白を訴えていた。
    「真っ赤な嘘」が次々とバレた「福田次官は東大法学部卒業して財務省に入り、妻は元文部事務次官でリクルート事件で逮捕された高石邦男氏の娘。その”セクハラ”ぶりは以前から知られていた。
    福田語録
    「今日はこのあと君の家に行ってゆっくり話をするんじゃないの」「そう思って僕のところに来たんだろう」と言われた。前に、福田さんには気をつけろみたいな話を聞いたことがあったが、それでも仕事の話を聞くのですが「そのジャケット、似合っているよ。脱がせたいな』」と言われて……。『福田さん、酔っぱらい過ぎですよ』とか誤魔化して、なんとか店を飛び出して帰りました」等……。
    記者クラブに加盟していない別の女性記者も、福田氏に誘われて酒を飲みながら話していると「そのスカート、色っぽくていいね」「スカートの中はどう?」などと言われ手を握られたと訴える。

  2. 女性は福田氏に無断で会話を録音していた。
    一般的に、隠し録りという取材手法は他媒体に情報を提供する行為とは異なるものだ。取材データを巡っては平成8年、TBSの番組スタッフがオウム真理教幹部に坂本堤弁護士のインタビュービデオを見せていたことが判明して坂本弁護士一家の殺害事件につながったとされた。
    19年には毎日新聞社会部記者が、衆院議員脅迫事件に絡み、無断で録音した議員への取材データが入ったICレコーダーを社外の人物に渡していたことが発覚して記者は理由を「取材に手詰まり感があり、(取材協力者に)レコーダーを提供することで新たな情報が得られるのではないかと考えた」と説明し、諭旨解雇処分とされた。いずれも報道姿勢が問われる事態になった。

コメントを残す