青空駐車は車庫法で取締れ

車庫法の正式名称は「自動車の保管場所の確保等に関する法律」通称「保管場所法」と呼ばれる!
かつて車の保有数が増えているのに対して駐車場不足から、様々な場所に駐車をして問題が多発していた。それに対し、1991年7月に改正法が実施され、東京都23区および大阪市内では軽自動車にも車庫の届出を義務づけた。現在の車庫法では、車庫の届何人も次の各号に掲げる行為はしてはならい。
1,自動車が道路上の同一の場所に引き続き12時間以上駐車する行為。2,夜間、8時間以上駐車した場合は、交通違反よりも厳しい、車庫法違反となって犯罪扱いになります。 罰金は、80000円位で「前科」も──。私有地に無断で侵入したとする場合、建造物等侵入罪で告発する事も出来る  ღ

青空駐車は車庫法で取締れ」への3件のフィードバック

  1. 車庫飛ばしとは?

    車庫は、使用者の住居から車庫の距離が2km以内でないとならないと制定されている。車庫の届出を偽ったり、規定外で登録する人も少なくない。自宅から離れた場所に住民票を写して登録する、軽自動車であれば車庫証明が不要な場所に不正に登録してしまう。ご当地ナンバーやかっこいい地名のナンバーが欲しいから不正の住所の登録をする等の理由から「車庫飛ばし」と呼ばれる不正行為がなされることがあります。もちろん「車庫飛ばし」は保管場所法違反となるので、発覚した場合には無論罰金が科せられます。車庫法第11条第2項が適用される。

  2. 刑法 第157条 条文 公正証書原本不実記載等 第157条

    (1)公務員に対し虚偽の申立てをして、登記簿、戸籍簿その他の権利若しくは義務に関する公正証書の原本に不実の記載をさせ、又は権利若しくは義務に関する公正証書の原本として用いられる電磁的記録に不実の記録をさせた者は、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
    (2)公務員に対し虚偽の申立てをして、免状、鑑札又は旅券に不実の記載をさせた者は、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。(要:注)

  3. 警視庁には、23区及び島しょ部からの110番を受理する本部指令センター(千代田区霞ヶ関)と、多摩地区からの110番を受理する多摩指令センター(立川市)があります。

    「はい、110番警視庁です。事件ですか。事故ですか。」
    110番係員が聞いた事件や事故の情報は、直ちに、無線指令を行う係員のモニターに表示され、パトカーや警察署、交番などの警察官に指令を行います。
    パトカーや警察署のモニター、現場の警察官の所持する携帯端末にも同時に表示されています。

    http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken_jiko/110/110jb.html

コメントを残す