パワハラ・暴力・女子体操界

騒動の渦に巻き込まれた女子体操の宮川紗江(19)が、選手生命の危機に追い込まれている。その責任は、宮川の周囲にいる速見佑斗コーチ(34)や塚原夫妻はもちろん、適切な対応が取れなかった日本体操協会にある。速見佑斗コーチの「暴力映像」がTVに流され衝撃を与えた。
1カ月前に表面化したこの問題は解決の方向性が見えず、宮川を取り巻く人たちの“クズっぷり”が目立つ。速見コーチは9月5日に会見を開き、宮川に殴る蹴るの暴力を長年振るっていたことを認めた。「度重なる暴力行為によって、宮川選手はもちろん周りにいた選手などに対して、不快な思いと恐怖を与えてしまったことを深くお詫び致します」こう謝罪したが、会見は宮川が行ってから1週間もあとだ!「暴力しないと誓う」として指導を続けたい意向だが、激しく顔をたたく映像が一部に流れると一概には理解は得られにくい!

パワハラ・暴力・女子体操界」への1件のフィードバック

  1. 宮川の会見直後に塚原光男・日本体操協会副会長は「なぜ、彼女がうそを言うのかわからない」と反発し、会見するとしていた。だが、世論の風向きが悪いと見るや、一部のメディアだけに登場しつつ、公の場に姿を現さなくなった。塚原千恵子・女子強化本部長も同様だ。

    協会も対応が後手に回っている。宮川が他の選手やコーチらの前で何度も暴力を振るわれていたのに止められなかった。塚原夫妻のパワハラ問題の調査は第三者委員会に事実上丸投げする方針で時間ばかり過ぎていく。協会に大きな影響力を持つ塚原夫妻に遠慮しているのではないかという。

コメントを残す