NY株式市場大幅下落

11日の東京株式市場前場寄り付きは日経平均株価は急落でスタート。下げ幅は一時1000円を超え、22.400円台に下落した。取引時間中では9月13日以来の安値。米国の長期金利の上昇傾向や米中貿易摩擦の激化への懸念から10日の米ダウ工業株30種平均が800ドル以上急落し、投資家心理が冷え込んだ。海外ヘッジファンドなどによるリスク回避の売りが先行、ハイテク株を中心に東証1部の9割以上が下落する全面安の展開となった。
10日は欧州株も下落したほか、11日は韓国株が下げて始まるなど世界同時株安の様相を強めている。外国為替市場で円相場が上昇しているのも不安材料だ。 前日に2019年2月期の連結純利益予想を下方修正した安川電が安い。ファナックや東エレク、TDKが売られている。一方、ユニファミマ傘下のスーパー、ユニーの完全子会社化を発表したドンキHDが高い。ABCマートも上昇している。

NY株式市場大幅下落」への3件のフィードバック

  1. 米株高を追い風に日経平均は2日にバブル崩壊後最高値を付けた。
    10日のダウ急落について、市場では「短期的な相場の調整」とする強気の見方と、「相場の潮目が変わる可能性がある」との警戒論が交錯している。

  2. 12日の日経平均株価は、前日比267円安の22.323円と続落してスタート。現地11日の米国株式市場で、NYダウ、ナスダックともに続落した動きを受け、売りが先行した。米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、11日の大阪取引所終値比95円安の22.485円だった。財務省が取引開始前に発表した9月30日-10月6日の対外対内証券売買契約状況によると、非居住者による株式取引が1兆5784億円の取得超で、2週連続で取得超となっている。

  3. 10月は、金融市場が最も恐れるオクトーバー・エフェクト!
    1907年の金融恐慌、1929年のウォール街大暴落、歴史的な株価暴落に見舞われた1987年のブラックマンデー。これらはすべて、10月効果が原因で起きた ღ

コメントを残す