東名あおり運転公判第6回

検察側は懲役23年を求刑・判決は14日

神奈川県内の東名高速であおり運転により停車させられた車がトラックに追突されて夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)福岡県中間市の裁判員裁判の第6回公判が10日、横浜地裁深沢茂之裁判長で開かれ、被害者の遺族が意見陳述し厳罰を求めた。

事故で死亡した静岡市清水区の萩山嘉久さん(45)と妻友香さん(39)の2人。この日の公判で、嘉久さんの母文子さんは「悲しみは一言で表せない。家族が味わった苦しみの何倍もの苦しみを味わってほしい」と陳述。友香さんの父は被告に反省の色が見えないとして「夫婦は娘の成長を楽しみにしていたので、無念だったと思う。2人の命に見合うだけの刑罰を求めたい」と述べた。

長女(17)の意見陳述も代読された。その中で長女は「一番の被害者は父母なので、許していいのかわからない。それを考えると厳罰にしてほしい」としている。

検察側によると、昨年6月5日夜、夫婦と長女(17)次女(13)の4人が乗る車が神奈川県中井町の東名下り線中井PAを出る際、被告の車が車道に停車していたため、後部席から嘉久さんが注意すると、被告は、友香さんが運転する車の前に割り込んでは減速する妨害運転を繰り返し、PAから約1・5キロ先の同県大井町の高速道路上に一家の車を停車させたとされる。そこに後続のトラックが衝突して夫婦が死亡、娘2人もけがをした。

東名あおり運転公判第6回」への3件のフィードバック

  1. 石幡和歩は悪質で常習的!

    被告は約700メートルで4度、一家の車への妨害運転を繰り返し、停車させた後も「殺されたいか」などと言って嘉久さんの胸ぐらをつかみ、車外に引きずりだそうとしたという。

    検察側は、被告の妨害運転行為は、低速走行や道路上での停車が禁じられた高速道という特殊性を考えると、危険運転に該当すると指摘。高速道で停車させれば重大事故が起きる可能性は容易に想像でき、被告の運転と事故には因果関係があるとしている。

    弁護側は事故の事実関係をおおむね認め、暴行罪の成立は受け入れる一方で、停車中の事故に危険運転致死傷罪は適用できないとして、同罪については無罪を主張している。

  2. 石橋被告に懲役18年危険運転致死傷罪を認める

    自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告の裁判員裁判で、横浜地裁深沢茂之裁判長は14日、危険運転致死傷罪の適用を認め懲役18年(求刑・懲役23年)を言い渡した。

    自動車運転処罰法は危険運転の要件を「重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為」としている。裁判では停車後の事故に危険運転致死傷罪を適用できるかどうかが大きな争点となった。

  3. 被告人質問で弁護側は、石橋和歩被告(26)が事故のあと、遺族に対して謝罪文を出していたことを明かした。

    「お父さんとお母さんを死なせてしまって申し訳ないと思うけれど、この事故がなければ彼女と結婚する予定でした。自分が支えていきたいので、この事故のことをお許しください」との謝罪文の内容を弁護側が読み上げ、石橋被告に「遺族はどう思うか」と問うと、石橋被告は「怒ります」と答えた。

コメントを残す