大納会終値を7年ぶり下回る

大納会の日経平均は、前年比2750円下落して取引を終えた。

日経平均株価が前年末終値を下回るのは7年ぶりで、第2次安倍政権以降では初めて。リーマン・ショックがあった2008年以来の下落幅となった。

辛うじて2万円台を維持したものの、米国と中国の対立激化に世界中の投資家が動揺し、経済の先行きに再び暗い影がさした1年だった。

新年最初の取り引きは日経平均が700円以上の上昇となり、さい先のよいスタートを切って、市場関係者からは、年末までには2万6、7000円を目指せるといった強気の発言があった。実際、10月には2万4000円台と約27年ぶりの高値をつけた。

約27年ぶりの高値をつけた10月以降は、市場の状況がはっきりと反転。10月は月間の値下がり幅が2200円近くと、2008年のリーマンショック以来の記録的な下落に見舞われた。更に、12月25日には1日で1000円超の下落。市場関係者からは、“クリスマスショック”という言葉も聞かれました。

大納会終値を7年ぶり下回る」への1件のフィードバック

  1. 大発会日経平均が大幅に続落スタート。

    年明け最初の大発会、東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅下落で始まり、2万円の大台を割り込んだ。下げ幅は一時600円を超えた。大納会終値比359円安の1万9655円と大幅に続落してスタートした。3日の米国株式は、18年10-12月期の業績予想を下方修正したアップルが急落した影響などから大幅に反落、2万円割れで始まった。
    リスク回避姿勢が高まるなか、為替市場でドル・円が大幅に円高方向に振れていることも重なり、売りが優勢となっている。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、12月28日の大阪取引所終値比630円安の1万9370円。

コメントを残す