羽賀研二受刑者に追い打ち

元タレントの羽賀研二受刑者(57)と元妻の當真麻由容疑者(41)が被害者への賠償に充てられる資産を隠した疑いが強まり、沖縄県警は18日、強制執行妨害の疑いで逮捕した。

羽賀受刑者は未公開株の売買をめぐる3億7000万円の詐欺と恐喝未遂の罪に問われた事件で、懲役6年の実刑判決が確定。2013年から沖縄刑務所で服役していた。

その間、羽賀受刑者に金を騙し取られた大阪の会社経営者は損害賠償を求め、民事提訴。2016年10月に大阪地裁は羽賀受刑者に約4億円の賠償を認めた。

その判決をもとにして、会社経営者は、羽賀受刑者が沖縄に所有する不動産物件を強制執行にかけようとしたところ、名義が羽賀受刑者から麻由容疑者に変更されていたというのだ。

「民事訴訟で羽賀受刑者に勝訴した会社経営者は、羽賀受刑者自身が所有する不動産を沖縄でみつけた。強制執行の手続きを取ろうとしたしたところ、所有権が麻由容疑者に移転されていた。2人は戸籍上、離婚しているが実際は偽装離婚とみられる。

羽賀受刑者は財産を強制執行から守ろうと、麻由容疑者と離婚して財産分与したように仮装、強制執行を逃れようとしたとみられる」

羽賀研二受刑者に追い打ち」への1件のフィードバック

  1. 一方、羽賀受刑者に騙された会社経営者は、こう訴えていた。

    「羽賀受刑者のために、いわばタニマチとして芸能活動や投資事業にどれほど尽くしてきた。損害賠償を求めているお金だけではないものを彼のためにつぎ込んで応援していた。それも無担保、無利息のものもあった。それなりに誠意ある対応してくれたら、こんな事件にはならなかった。恩を仇で返された」

    タレント時代は、梅宮アンナとの交際で「誠意」を連発して人気者に──。
    服役後は、芸能界に再起かとも噂されていたが、塀の向こうでも「誠意」なき行動で、それもフイになってしまった!

コメントを残す