明石市の泉房穂市長の暴言

兵庫県明石市の泉房穂市長(55)が2017年6月、道路拡幅に伴う用地買収が進まないため「立ち退きさせてこい。今日、火をつけて捕まってこい。燃やしてしまえ」などと担当幹部に暴言を吐いていたことが28日、明らかになった。

毎日新聞の取材で、泉市長は事実関係を認め「市長としてあるまじき行為で深く反省している」と述べ、この幹部に同日、謝罪したという。

明石市によると、JR山陽線明石駅近くにある国道2号の交差点付近では事故対策の拡幅事業が行われ、国から受託した市は12年度から用地の買収を進めてきた。交渉が一部で進んでいないことを知った泉市長は17年6月14日、担当幹部を市長室に呼び出し、進捗状況をただした。

この際、権利者へ金額が未提示だったことについて「何しとってん。ふざけんな」などと厳しく叱責、「すみません」と謝る幹部に「燃やしてこい。今から建物。損害賠償、個人で負え」と激しい口調で暴言を浴びせたという。

泉房穂市長は地元出身でNHKディレクター、弁護士、旧民主党の衆院議員などを経て、11年の統一地方選で初当選。今年4月の市長選に3選を目指して出馬表明している。

明石市の泉房穂市長の暴言」への1件のフィードバック

  1. 泉市長は、記者会見を開き「パワハラより更にひどい発言で、職員や市民に申し訳ない」と陳謝した。「この場所は、死亡事故も多発している交差点で、一刻も早く工事を進めたいという思いがあった。統一地方選挙が迫っており、「一連の状況を含めて市民にご判断を仰ぎたい」と辞任の意向を示していない。2011年5月に無所属で初当選、2015年4月に2度目の明石市長選へ、再び無所属で出馬して再選している。東大教養学部卒55歳。

コメントを残す