AstraZeneca世界で初承認

AstraZeneca世界初の承認に期待が高まる

英政府は、国内の製薬大手ア「AstraZeneca」が開発した新型コロナウイルスのワクチンを世界で初めて承認した。英では変異ウイルスの感染が急速に拡大し、人々の間ではワクチンへの期待が高まる。

英政府は30日、AstraZenecaとOxford大学が開発したワクチンを承認、接種は1月4日から始まる。

このワクチンは、2度から8度で半年間は保存できるのが特徴で、すでに接種が始まっているアメリカの製薬大手Pfizerなどのワクチンに比べて管理がしやすく、価格も比較的安いとされています。

英では、変異ウイルスの感染が急速に拡大し、1日当たりの新たな感染者が5万人を超える深刻な状況となっていて、人々の間ではワクチンへの期待が高まっている。このワクチンは、体の中で増えないよう加工したチンパンジーのかぜのウイルス「アデノウイルス」を使ったワクチンです。イギリスやアメリカですでに接種が始まっているPfizerなどのワクチンに比べて安く、扱いやすいのが特徴と言われています。

AstraZeneca世界で初承認」への2件のフィードバック

  1. 有効性…。

    臨床試験では、計画どおりの量のワクチンを2回接種した人の有効性は62%だったのに対し、1回目だけ半分の量にして2回ワクチンを接種した人の有効性は90%という結果が出て、アストラゼネカは、有効性は平均で70%だとしています。

    安全性…。

    安全性については、中間段階の分析

    ▽注射した部分を圧迫すると痛む、が60%を超えたほか、
    ▽注射した部分の痛みや頭痛、けん怠感が50%、筋肉痛や不快感が40%、
    ▽発熱や寒気が30%、それぞれ超えたということで、これらの症状は概ね軽かったという。

  2. 米看護師「ファイザー製ワクチン」接種1週間後にコロナ感染

    カリフォルニア州の看護師が、ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの接種を受けてから1週間余り経過してコロナに感染したことが分かった。

    この看護師は18日にワクチン接種を受けたとフェイスブックに投稿。接種後、1日は腕に痛みがあったが、それ以外の副作用はなかったという。

    ところが6日後のクリスマスイブにコロナ病棟で勤務した後、体調に異変が生じた。悪寒がし、さらに筋肉痛や倦怠感といった症状が出た。クリスマスの翌日に検査を受けたところ、陽性の判定が出たという。

    ファミリー・ヘルス・センターの感染病の専門家は、同メディアに対し、予防効果が出るのはワクチン接種後10─14日程度後ということが治験で分かっており、今回のような事態は予想されていたとし、予防効果は1回目の接種で50%程度、2回目で95%に上がると述べた。

コメントを残す