他人の土地を無断で売却 S 忠雄

詐欺師グループに狙われた練馬区立野町の田中邸

不動産業S・忠雄は、練馬区立野町の田中順子(70)所有の土地と建物を無断で売却して約2億8千万円を騙し取ろうとした

平成24年4月 詐欺師らは、偽造した印鑑証明、健康保険証等で千代田区の(株)PISから2000万を搾取した。残りは、本登記に受け取る予定だったが詐欺が発覚して登記が出来なかった。

その為(株)PISは「支払った2000万円を返せ」と迫った。詐欺師らが(株)PISに書いた約定書がある。以下の通り

本日、本書面に記載する事項は事実であり、それに基づき次のことを約束します。

①私と江部氏は貴社を騙し、金銭を搾取しました。

②それに共い、前項①の金銭をどのような事があっても返済を約します。

③露木哲也については、江部氏が連れてきた偽りの人物であり私とは一切関係ありません。

平成24年5月21日 19時(原文)

他人の土地を無断で売却 S 忠雄」への2件のフィードバック

  1. .
    地面師詐欺暗躍!

    S

    (株)PIS 代表取締役に問う。

    (1)被害届けを出さないのか?
    「私は関係ありません」

    (2)お会いできませんか?
    「あとで連絡します」

    (3)敬天新聞の質問状に無回答。

    平成30年8月(株)PISは東京地裁に破産手続開始。負債総額1億2000万。 

    Ş 忠雄に問う。

    (1)2000万円は返したのか?
    「江部氏が払うから、私は払いません」

    (2)告訴されないか?
    「松本氏は、最初から知っているので大丈夫です」

    (3)幾ら騙す計画だった?
    「3億。松本氏が転売先を連れて来て、直ぐ転売します」

    (4)小池もグルか?
    「はい。PISに借金があり、仲介役です」

    (5)罪の意識は?
    「ありません、全く…」

    3,身近に潜む地面師予備軍に注意(敬天新聞より)
    敬天新聞令和元年10月号
    http://keiten.net/paper/reiwa110/252-2.html

  2. 警告!

    住民票の虚偽は刑法157条1項にあたる。

    住民票は新宿区百人町1-18「日本信用」に虚偽登録していた。不正の為、即刻職権消除の申請をした。「日本信用(株)」は、知る人ぞ知る大物詐欺師と詐欺師は宣う。

    27年2月に抹消されると百人町2-20に設定をした。玄関ドアに存在しない「日本相互企画(株)」の看板を掲げていた。これは「会社法978条2号及び7条」に違反する。

    p

    住民票を作為的に虚偽の住所に登録すると「刑法157条1項の公正証書原本不実記載」にあたる。5年以下の懲役又は50万円以下の罰金。妻、章蕾は練馬区栄町に届出している。実態調査を申請した。

    東京・練馬「大進土地」代表は、T・sekiの実兄である。昨年4月に死亡すると、T・ sekiは代表取締役に就いた。その他、数社に及ぶ法人登記が確認され、全て脱税工作に用意された幽霊会社である。詐欺に遭って悩んでいる方。勇気を出して投稿をお寄せ下さい。専門家が相談に応じます。

コメントを残す