「大納会」まで一週間と迫った

2021年の日本株市場の稼ぎそうな銘柄…。

今年の株式市場は、世に新型コロナに翻弄される年となった。

発生源とされる中国・武漢のロックダウンが実施されたのは1月23日で世界の市場は大揺れに揺れた。

2月上旬までは楽観ムードもあり、米ダウは2月12日に2万9551ドルの史上最高値をつけたが、そこから2008年の金融危機以来の急落が始まった。

WHOがコロナをパンデミックであると表明したのが3月11日、13日に日経平均はマイナス6%急落した。そして、3月19日には1万6552円まで下落、今年の底はこの日の終値だが、この時点では『まだまだ見えない底まで落ち込んでいく可能性が高い』と見る投資家も多かった」

その後、日銀が異例の勢いで日本株の「爆買い」を決行、なんとか底が抜ける事態を防いだ。それどころか、年末に向け株価は続伸し、2万6000円台に到達した。実に29年ぶりの大台である。

「大納会」まで一週間と迫った」への1件のフィードバック

  1. 今年・来年「上昇銘柄」のキーエンス…。

    「キーエンス」といえば泣く子も黙るセンサー、検出機器などハイテク機器の世界的企業だ。

    製造を協力工場に委託した「ファブレス」を日本でもいちはやく打ち立てた企業である。時価総額はいよいよ13兆円を超えた。30代で年収2000万円に到達するとされる「超エリート会社員」企業としても知られている。

    「キーエンスの株価は18日終値で5万4960円、個人投資家には『高値の華」銘柄でもあろ。コロナで今期は小幅の減益を発表したが、一人当たり売上高は第1、四半期を底に回復している。

    更なる経営合理化を進め、営業利益率改善に結びつきやすい局面に入る可能性が高い。この状況を鑑みて、国内大手証券が目標株価を5万8000円に引き上げました。国内外での事業拡大は引き続き期待されており、堅調な相場展開となっている。

    今年の大きなテーマになった「多角化」では…。

    王子ホールディングスは1873年創業。国内トップの老舗大手製紙会社だ。海外売上高比率も30%と強みを持っている。

    同社は単なる製紙業にとどまらず、様々な取り組みを進めている。11月27日にはバイオベンチャーのレクメドと資本業務提携を発表、パルプなど原料開発のノウハウを生かし、ファーマ事業にも積極的に進出する姿勢である。

    菅政権も明言した『脱炭素化』の追い風に乗って、植物由来の素材である『セルロースナノファイバー』関連銘柄として、注目が集まっているようだ。

    今期は大幅減益ながら、株価指標面では極端な割高感もありません。来期以降の業績のV字回復を期待する投資家も多く、そのため、長期的な視点から『2021年注目銘柄』に挙げられる。

コメントを残す