野田聖子の夫は「元暴力団員」

東京高裁「約10年間組員として活動」認定

野田聖子内閣府特命担当相の夫が名誉を傷つけられたとして、週刊新潮を発行する新潮社に損害賠償を求めていた裁判で、12月23日、東京高裁(岩井伸晃裁判長)は、請求を棄却した。

野田氏の夫が元暴力団員であるという記事内容は「真実である」と認めたのだ。

問題となった週刊新潮の記事(18年8月2日号「『女性総理』の夢を壊した『野田聖子』総務相の『元反社夫』」は、野田氏の夫・文信氏が元暴力団員である旨を報じていた。

これに対し、文信氏は記事によって名誉を毀損されたとして、新潮社に対し1100万円の損害賠償を求め東京地裁に訴えていた。  そして今年4月、一審の東京地裁は、本誌記事で彼の名誉は毀損されていないとした上で、判決文では文信氏の経歴についてこう書いた。

〈原告が指定暴力団・会津小鉄会の昌山組に所属していた元暴力団員であるとの事実の重要な部分は、真実であると認められる〉  さらに、東京高裁は今月23日、請求を棄却した一審東京地裁判決を支持し、夫の控訴を棄却。「名誉毀損による不法行為は成立しない」とした。

野田聖子の夫は「元暴力団員」」への2件のフィードバック

  1. 【真実】と信じる相当な理由──。

     ことの発端は、18年7月にまで遡る。当時の安倍政権で総務大臣を務めていた野田氏の秘書が、文信氏と懇意にしていた仮想通貨事業者を同席させ、金融庁の担当者を事務所に呼びつけ圧力をかけたのではないかとの疑惑を朝日新聞(7月19日付)が報じたのだ。

     釈明に追われた野田氏は、金融庁に一般的な説明をしてもらっただけ、圧力ではないと弁明。この出来事を、週刊新潮の特集記事として報じた。

    “金融庁への圧力”の背景には文信氏の存在があると指摘し、暴力団に所属する構成員であったという経歴を明かした。この記事が事実無根だとして文信氏は提訴に踏み切ったのである。

     付言すれば、週刊新潮と同じタイミングで文信氏が「反社」であった旨を報じた「週刊文春」も訴えられたが、こちらは名誉毀損が認められ、原告への110万円の支払いが命じられた。

     裁判所は、同誌記事で文信氏が暴力団員だったと書かれた点について「真実と信じる相当な理由がある」と事実関係を否定していないが、週刊新潮のように「真実であると認められる」と踏み込んだ判決にはならなかった。

     果たして明暗を分けたものは何だったのか。実は週刊新潮の裁判では、文信氏の過去を知る「重要な証人」が出廷していた。

コメントを残す