Whimsical Topix

Coffee breek

比・大統領選マルコス氏確実

マルコス氏は故マルコス元大統領の長男

フィリピンの大統領選挙は9日に投開票され、1986年まで約20年にわたり独裁政権を敷いた故マルコス元大統領の長男、フェルディナンド・マルコス元上院議員(64)が当選を確実にした。「経済発展を果たした」と父の業績を積極的にアピールして、若者から高い支持を獲得。人権侵害が相次いだ元大統領時代の再来防止を訴える弁護士のレニー・ロブレド副大統領(57)らを上回った。

地元メディアの非公式の暫定結果によると、開票率81・80%でマルコス氏が2631万3353票を獲得し、ロブレド氏(1255万4852票)らを突き放した。

マルコス氏は86年の「ピープルパワー革命」で元大統領が失脚すると一家で米ハワイ州に亡命。父の死後、91年に帰国し、一族の地盤・北イロコス州の知事や上院議員を歴任した。

2016年に出馬した副大統領選では、ロブレド氏に惜敗した。その後、父が発令した戒厳令時代以降に生まれた世代への浸透を狙ってソーシャルメディアを活用。「ボンボン」の愛称で、国民の平均年齢が25・7歳(20年)と若いフィリピンで支持を広げた。

韓国・尹錫悦新大統領が就任

韓国・尹錫悦新大領 5年ぶり保守系政権始動

5年ぶりに復活する保守系政権は、不動産市場の安定化や新型コロナウイルスで影響を受けた経済の活性化に取り組む。核・ミサイル開発を加速化させる北朝鮮への対応や悪化した日韓関係の立て直しなど、外交・安全保障の問題も山積する中、国会議員などの政治経験がない元検事総長の尹氏の手腕が問われることになる。

尹氏は今年3月に行われた大統領選では0・73ポイント差で辛勝しており、保革で分裂した国民の融合も大きな課題である。9日に任期満了を迎えた文在寅大統領は退任のあいさつで「選挙の過程で深まった葛藤の谷を埋め、国民統合の道に進む時、大韓民国は成功の道にさらに力強く前進するだろう」と述べた。

大統領就任式は10日午前、ソウルの国会前広場で約4万1000人が参加して開かれる予定だ。日本からは岸田文雄首相の特使である林芳正外相らが出席する。尹氏は就任式の演説で、大統領として初めて、国民に直接、国政運営のビジョンを示す。

プーチン氏は人殺しの独裁者だ!

 プーチンは戦争犯罪人 真の悪党」 バイデン氏
米メディアによるとバイデン氏は、ホワイトハウスの記者団から「プーチン氏を戦争犯罪人と呼ぶ準備はできたか」と問われ、一度は回答を拒否したものの、戻ってきてロシアのウクライナ侵攻などを厳しく批判した。

ジェン・サキ米大統領報道官は、バイデン氏の発言を「心の言葉だ」と説明し、「テレビで見た、残忍な独裁者による外国侵略、野蛮な行為について話したのだ」と指摘した。

米政府は現在、国際機関が「戦争犯罪の有無」を調査できるよう、情報収集など法的手続きを進めている段階だという。サキ氏はさらに、プーチン氏には緊張緩和の動きが見られないという見方も示した。

停戦協議中にもかかわらず、攻撃を止めないロシア軍の姿勢は、欧米メディアやSNSが発信している。

米大統領・対ロシア制裁発動

バイデン氏 WHで演説 ロシアの侵攻の始まりだ

バイデン米大統領は22日、ホワイトハウスで、ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部の親ロシア派支配地域の独立を承認し派兵を命じたことについて「侵攻の始まりだ」とし、用意していた経済制裁のうち銀行や富豪を対象とする第1弾を発動した。
「ロシアが大規模な軍事攻撃を準備していると考えている」と述べ、親ロ派地域を越えて侵攻することへの危機感を表明した。

親ロ派武装勢力が樹立したとする自称「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の独立承認についてバイデン氏は「とんでもない国際法違反で、断固たる対応が必要だ」と強く非難した。

大発会 東証反発 一時400高

東証大発会で金を鳴らす鈴木財務相(兜町) 

 年明け最初の取引となる大発会を迎えた4日午前の東京株式市場の日経平均株価は大幅反発した。

上げ幅は一時400円を超えた。前日の米国株上昇が追い風となり東京市場でも買い注文が先行した。一方で、国内で新型コロナウイルス新規感染者が再び増加したことは悪材料だった。

午前終値は前年末終値比396円45銭高の2万9188円。東証株価指数は25.37ポイント高の2017.70。前日の米国では、景気の先行き期待などからニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が上昇し過去最高値を更新した。

コロナ飲み薬 年内にも承認へ

コロナ飲み薬「モルヌピラビル」年内特例承認
米メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」について、厚生労働省は24日にも専門家部会を開き、承認の可否を審議する方針を決めた。

年内にも特例承認される見通しで、承認されれば、国内で初めての新型コロナの飲み薬となる。

米製薬大手メルクが開発中の新型コロナウイルス感染症を治療する経口薬「モルヌピラビル」は、軽症から中等症が対象で、発症から5日以内に服用することで重症化を防ぐ。妊婦への使用は推奨されていない。

重症化リスクの高い人を対象とする臨床試験では入院・死亡リスクを約30%下げる効果があったという。英国では11月に承認された。米国でも食品医薬品局(FDA)の諮問委員会が緊急使用を認めるよう勧告しており、近く承認の可否を判断する見通しだ。

前沢友作氏宇宙へ出発🚀

前沢氏はモスクワ郊外にある「星の町」のガガーリン宇宙飛行士センターで約100日間訓練、ソユーズの操作やISSの構造、地球に帰還した際のサバイバル術などを学んだ。

「ZOZO」の創業者で実業家の前沢友作さん(46)は、8日カザフスタンのバイコヌール宇宙基地でロシアのソユーズ宇宙船に搭乗、国際宇宙ステーションに向け出発した。

日本の民間人が国際宇宙ステーションに滞在するのは初めてで、地球の周回軌道に12日間滞在し20日、地球に帰還する。

ソユーズには前沢さんのほか、前沢さんの関連会社役員、平野陽三さん(36)も同乗。ロシア人宇宙飛行士アレクサンドル・ミスルキンさんが船長を務め、日本時間の8日午後4時半過ぎに打ち上げられた。

北朝鮮のサイバー銀行強盗団

インドネシア襲撃の次に日本のメガバンクを狙う

世界中で暗躍するハッカーを監視する「BAEシステム」が10月28日、「北朝鮮人民軍総参謀本部偵察局(RGB)のハッカー部隊がインドネシア大手のラヤット銀行に攻撃を仕掛ける最終段階に入っている」と警告を発した。

北朝鮮は金正日時代から、サイバー戦争に備えて国内の秀才を集めて世界レベルのハッカー養成に力を入れてきた。金正恩総書記はこれを継承し、現在RGBには1700人のハッカー要員、約5000人の後方支援要員がいるとされる。

彼らは外交官、商社マン、米朝合弁企業社員などを「隠れ蓑」に海外に派遣され、各国の政府機関や金融機関へのハッカー攻撃を展開してきたとされる。