Whimsical Topix

Coffee breek

大発会 東証反発 一時400高

東証大発会で金を鳴らす鈴木財務相(兜町) 

 年明け最初の取引となる大発会を迎えた4日午前の東京株式市場の日経平均株価は大幅反発した。

上げ幅は一時400円を超えた。前日の米国株上昇が追い風となり東京市場でも買い注文が先行した。一方で、国内で新型コロナウイルス新規感染者が再び増加したことは悪材料だった。

午前終値は前年末終値比396円45銭高の2万9188円。東証株価指数は25.37ポイント高の2017.70。前日の米国では、景気の先行き期待などからニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が上昇し過去最高値を更新した。

コロナ飲み薬 年内にも承認へ

コロナ飲み薬「モルヌピラビル」年内特例承認
米メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」について、厚生労働省は24日にも専門家部会を開き、承認の可否を審議する方針を決めた。

年内にも特例承認される見通しで、承認されれば、国内で初めての新型コロナの飲み薬となる。

米製薬大手メルクが開発中の新型コロナウイルス感染症を治療する経口薬「モルヌピラビル」は、軽症から中等症が対象で、発症から5日以内に服用することで重症化を防ぐ。妊婦への使用は推奨されていない。

重症化リスクの高い人を対象とする臨床試験では入院・死亡リスクを約30%下げる効果があったという。英国では11月に承認された。米国でも食品医薬品局(FDA)の諮問委員会が緊急使用を認めるよう勧告しており、近く承認の可否を判断する見通しだ。

前沢友作氏宇宙へ出発🚀

前沢氏はモスクワ郊外にある「星の町」のガガーリン宇宙飛行士センターで約100日間訓練、ソユーズの操作やISSの構造、地球に帰還した際のサバイバル術などを学んだ。

「ZOZO」の創業者で実業家の前沢友作さん(46)は、8日カザフスタンのバイコヌール宇宙基地でロシアのソユーズ宇宙船に搭乗、国際宇宙ステーションに向け出発した。

日本の民間人が国際宇宙ステーションに滞在するのは初めてで、地球の周回軌道に12日間滞在し20日、地球に帰還する。

ソユーズには前沢さんのほか、前沢さんの関連会社役員、平野陽三さん(36)も同乗。ロシア人宇宙飛行士アレクサンドル・ミスルキンさんが船長を務め、日本時間の8日午後4時半過ぎに打ち上げられた。

北朝鮮のサイバー銀行強盗団

インドネシア襲撃の次に日本のメガバンクを狙う

世界中で暗躍するハッカーを監視する「BAEシステム」が10月28日、「北朝鮮人民軍総参謀本部偵察局(RGB)のハッカー部隊がインドネシア大手のラヤット銀行に攻撃を仕掛ける最終段階に入っている」と警告を発した。

北朝鮮は金正日時代から、サイバー戦争に備えて国内の秀才を集めて世界レベルのハッカー養成に力を入れてきた。金正恩総書記はこれを継承し、現在RGBには1700人のハッカー要員、約5000人の後方支援要員がいるとされる。

彼らは外交官、商社マン、米朝合弁企業社員などを「隠れ蓑」に海外に派遣され、各国の政府機関や金融機関へのハッカー攻撃を展開してきたとされる。

岸田内閣発足 支持率49%!

岸田内閣の顔ぶれ 甘利氏起用「評価せず」54%

5日、岸田文雄内閣の発足を受け緊急の全国世論調査を実施した。

内閣支持率は49%と5割に届かず、昨年9月の菅義偉内閣発足時の64%を大きく下回った。

不支持率は40%だった。閣僚の顔ぶれに「期待感が持てる」との回答は21%にとどまり、「持てない」が51%に上った。

中国経済に衝撃が走った!

習近平の自爆で中国経済が危機へ

9月5日、天安門広場にブラック・スワンが舞い降りた。朝の国旗掲揚セレモニーが終わって、多くの観光客がその様子はネットのSNSで拡散した。

「ブラック・スワンが舞い降りた」というのは金融マーケットで予期せぬ危機が突然起きることの比喩で、この日、ブラック・スワンが天安門に舞い降りたというのは、とても寓意的だと世界中の人が思った。

多くの人がSNSで話題にした。なぜなら、この日、中国最大の民営不動産コングロマリット、中国恒大の格付けが引き下げられ、一部では破産対応の委員会設立準備には入ったという噂が拡大した。

6日、上海証券取引所では恒大の上場債券に異常な変動があった、として取引が一時停止となった。

8日には、21日に期限を迎える銀行2行からの借入金利払いを停止すると報じられ、2025年償還予定のドル建て債価格はさらに過去最低を更新、香港市場株価は2015年7月以来の安値を記録した。

フイリピンのワクチン接種

ワクチン打つか刑務所か!ドゥテルテ大統領

フィリピンのドゥテルテ大統領は21日のテレビ演説で、新型コロナウイルスのワクチン接種を拒む国民に対し「ワクチン接種を受けるか投獄されるかを選ぶことになる」と警告した。

ワクチン接種率が低いことを受けた発言だが、保健当局はこれより先、接種は任意だとする見解を示していた。

フィリピンの累計感染者は130万人超、死者は2万3000人超に上り、感染拡大が深刻となっている。政府は今年中に、人口1億1000万人のうち7000万人への接種を目指しているが、20日時点で接種を終えたのは210万人にとどまっている。

富豪ビル・ゲイツ氏離婚発表

慰謝料は国家予算並み¥7,000,000,000,000!

米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏(65)は3日、自身のTwitterで、妻のメリンダ氏(56)と連名の文書を公表し、「結婚生活を終わらせる決断をした」と表明した。

「私たちの関係について熟考し、多くの努力を重ねた」としつつ、「人生の次の段階で夫婦としてともに成長していけるとは思えない」と述べた。

メリンダ氏と設立した「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」については「信念を共有しており、活動を継続していく」としている。

米メディアによると、ゲイツ氏は1987年、マイクロソフトの社員だったメリンダ氏と出会い、94年に結婚した。文書では、「この27年間、私たちは素晴らしい子供たちを育て、全ての人が健康な生活を送れるように財団を設立した」と結婚生活を振り返った。