Whimsical blog

Purge the evil party

年越しカウントダウン中止

渋谷スクランブル交差点のカウントダウン中止!

大晦日の夜、渋谷スクランブル交差点では事故やトラブルを防ぐため「ハチ公」周りをシートで囲って見えなくした上、ハチ公広場の立ち入りも制限、条例に基づいて路上飲酒を制限するなどの対策を取られた。

新型コロナの感染拡大前に行われていたカウントダウンは、新型コロナが5類に移行されて初めての年越しとなる今回も中止され午後11時ごろにはスクランブル交差点の大型ビジョンが停止した。

年越しを迎えるころにはスクランブル交差点は多くの若者で混雑、警察官が規制線で交通整理をしていた。立ち止まらずにゆっくり進むよう拡声機を使って日本語や英語で繰り返し呼びかけて混乱はなかった。

干支で読む 2024年の株式市場

  ”辰巳天井″ 日本のアノマリー相場格言

29日 東京証券取引所で大納会を終えた。日経平均株価は3万3,464円で、1989年以来34年ぶりの高値水準だった。

取引終了後、東証では年末恒例の大納会が行われ、野球WBC日本代表で監督をつとめた栗山英樹氏が登場。鐘を打ち、1年を締め括った。

2023年は、東証が上場企業に資本効率や株価を意識した経営を要請したことや円安で輸出関連企業の業績が好調だったことを追い風に株価が大きく上昇した。日経平均株価は1月4日に2万5,000円台で取引を始めたが、7月には3万3,753円とバブル経済崩壊後の高値を更新した。

年間での上昇幅は7,369円と、1989年以来の大きさとなった。辰年の来年は「辰巳天井」という格言があり、高値を付けやすいとされている。歴史的な株高が2024年も続くか注目される。

株価下落はジェットコースター

宇宙開発のアイスペース株の下落が止まらない…

民間初を目指して26日に挑んだ月面着陸船による月への着陸が失敗し、失望売りで連日の急落となっている。

米宇宙ベンチャーの先輩企業の先行事例をみる限り、市場の信頼回復は簡単ではない。

28日の株式市場でアイスペースは3日ぶりに取引時間中に売買が成立する可能性が高い。27日まで2日連続で制限値幅の下限・ストップ安まで下落した。

トム・クルーズの若々しさに学ぶ

 60歳代に見えないマインドの秘訣とその作り方―

常にスリムで年齢を感じさせないトム・クルーズ。全ての年齢層にファンを持ち、1986年、20代で映画「トップガン」に主演し、36年の時を経て2022年には、『トップガン マーベリック』に主演し、マイルズ・テラー、グレン・パウエル、ジェイ・エリスといった抜群の体型をもつ若手スターたちに引けを取らないビジュアルでその健在ぶりを世界に示した。

また、トムはスタントマンを基本的に使わないことでも知られている。その強靭な体力や若々しさの秘訣に迫る―。

トム・クルーズは、映画の撮影中もオフのときも何事にも全力だ。有酸素運動と筋トレをフェンシングやクライミングなどと交互に行うことで、柔軟性とバランスを保ち、年齢を感じさせなくさせているのだ。

多才、そして強靭な体力―
ライセンスの数は、飛行機、商業用免許、ジェット、バイク、パラシュート、ボートの免許を持っている。不動産免許、整備士免許、スキューバダイビングの免許もある。トップガンのためにフライトトレーニングのプログラムを編成し、3か月間で2年分のフライト準備を詰め込んだ。共演者のグレン・パウエルは、トムについて、「彼と一緒に飛び立つたびに、心の準備をしなければなりません。地上に降りるとどっと疲れが出ます。しかし、トムは違います。彼は映画の中で誰よりも飛行機を飛ばします。1日に3回飛ぶこともある」と語る。

ロマンス詐欺の主犯格逮捕

ガーナの現地当局が不法滞在で身柄を拘束した

「国際ロマンス詐欺」の主犯格として国際手配されていた森川光(58)がガーナで身柄を拘束された。

森川容疑者は、2019年~2020年に掛けて、男性2人から現金約150万円を騙し取った疑い。手口は、SNSなどで知り合った相手に恋愛感情を抱かせて現金を騙し取る「国際ロマンス詐欺」を繰り返していた。

被害者は65人、被害総額は約4億円にのぼる。
大阪府警が今年5月、指名手配してから1週間後、ガーナに居住していた森川容疑者から曽根崎警察署に電話があり、捜査員と5回にわたって連絡をとる中で、滞在先や連絡先を明かしたという。

闇金 𠮷川稔の情報を求めます

悪徳金融・闇金とは?

登録の有無に関わらず出資法の上限を年109.5%を超える利息で金銭を貸付ける業者を云う。

出資法は、年109.5%を超える利息の貸付契約を行った場合は当該契約は無効であり、利息を支払う必要がないと定める。

吉川稔は、平成23年9月14日、横浜市の主婦飯塚奈々に不動産担保で200万円を貸付けた。利息1割。初回、2ヶ月分の利息40万円を控除、登記費、紹介料を引いて手渡し額が1.185.000円という。その後、飯塚奈奈は月々20万円~30万円を支払って合計300万円以上返済したと主張した。利息が滞ると架電、催告書を送って返済を迫ったと述べている。

他方、吉川は「今まで支払ったのは利息で元金200万円はそのまま残っている」と威嚇する。貸付は、借用書を省き、不動産担保という趣旨で所有権移転仮登記という形式をとった。高金利を隠蔽する為に使う手口だ。領収書は発行しない。脱税!告発のため同様の被害に遭っている方の情報を求めます。

出資法違反の罰則は、貸付をした者は5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその両方が科される。ヤミ金業者の貸付行為は、公序良俗違反(民法90条)。不法原因給付(民法708条)を理由に、借主は借り受けた金員の支払義務を負わない。

日本でいちばん悪い奴等

ガーシー 帰国しない理由…逮捕が待っている

昨年7月の当選以来、一度も登院していないNHK党のガーシー氏。参院は2月22日の本会議で「公開議場での陳謝」の懲罰を科すと決定した。

これを受けガーシー氏は27日に文書で「本会議へ出席し、院議に従い、陳謝文を朗読します」と回答したが、親しい複数の仲間たちは「それでも彼は帰国しないと思う」と口を揃える。

「日本に帰ったら、何らかの理由をつけられ逮捕される可能性はある。国会議員は不逮捕特権が適用されるといわれているが、100%の保証はない。さらにドバイにいる仲間のなかには、日本に住めなくなった輩も何人かおり、戻っちゃダメだ。日本に帰ったらもうこちらには戻れないぞと忠告している。

犯罪者は絶対に許さない!

第78代警視庁捜査1課長に就任した国府田剛氏

殺人や強盗などの凶悪事件の捜査を指揮する警視庁捜査1課長に鑑識課長の国府田剛氏(58)が20日付で就任する。

捜査1課勤務は初めてだが、「日常生活を脅かす犯罪者を絶対に許さない。あらゆる捜査手法を駆使して徹底的に検挙する」と固く誓う。

刑事の原点は、原宿署での勤務だ。巡査として地域犯罪と日々向き合っていた平成7年3月、地下鉄サリン事件が発生。翌日に特別捜査本部に招集された。他県警と合同で松本サリン事件や坂本弁護士一家殺害事件など、世界を震撼させたオウム真理教の一連の事件捜査に従事。「他県警と協力する重要性や、不安が渦巻く中で警察捜査への期待を背に捜査を推進できたことは貴重な経験になった」と振り返る。

 

› 続きを読む